スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋のドイツ(ハイデルベルク編)

2010/11/23 15:21
一番楽しみにしていたハイデルベルク。
ハイデルベルクはドイツで最古の大学がある学生の町です。
落ち着いた街並みが気に入りました♪


街からみたハイデルベルク城。丘?山?の上に建っています。

ハイデルベルク


ライトアップされるときれい~。写真はぶれぶれですが。

ハイデルベルク城


エリザベート門。王様がお妃様のために、一日で造ったんですって。彫刻が凝ってますね。

エリザベート門


城からみた景色。ネッカー川にかかる左の橋が「カール・テオドール橋」。

城からの景色


この街並みは圧巻です。

街並み


戦争でも壊されなかった騎士の家。今はホテルになっています。豪華!

騎士の家


静かに流れるネッカー川。

ネッカー川


[Canon EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM]


スポンサーサイト

秋のドイツ(ベルリン編)

2010/11/20 21:36
10月、ドイツに行ってきました。

初めてのヨーロッパ。
ドイツってどんなとこなんだろう~とワクワク。
仕事だったのであまり観光はできなかったけど、短い時間の中で満喫してきました。

私が行ったのは10月の後半。
冬がはじまりかけたような、空気がピーンと澄んで寒くなってきた頃でした。

まずは首都、ベルリン。
都会なんだけれど緑がいっぱいあって、ざわざわした感じがない素敵な街でした。


ベルリンのシンボル、ブランデンブルク門。

ブランデンブルク門


紅葉は黄色がメイン。
どこも落ち葉がすごくてダイナミックなかんじ。

黄葉


ベルリンのあちこちにいるくまさんたち。
かわいいのから派手派手なのまで。

くまさん


ベルリン大聖堂。
スケジュールの都合で中には入れなかったので外観の写真だけ。
ドーンと迫力あって厳かで格好いいなぁ。

ベルリン大聖堂


[Canon EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM]

9月に読んだ本

2010/11/06 21:02
今さらですが、9月の読書のまとめです。

9、10月は忙しかったので、読書自粛期間でした。
なので10月は0冊です。
仕事関係の本とかは読んだけれど…。
これからまた少しづつ読んで行きたいと思います。

良かったのは「神様のカルテ」。
森見さんは苦手だったけど、テイストは似ているけどこちらは大丈夫でした。
2巻が出たようなので、早く読みたいな~。


9月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:776ページ

犬はどこだ (創元推理文庫)犬はどこだ (創元推理文庫)
単純に面白かったです。古文書はもう少し深い謎を期待していたけれど。チャットのGENがなんか危うい雰囲気なのが気になります。シリーズ化されるのかな?次こそ紺屋S&Rがちゃんと犬探しができますように。
読了日:09月05日 著者:米澤 穂信
わたしたちはまだ、その場所を知らないわたしたちはまだ、その場所を知らない
この物語自体が一編の詩のような、そんな不思議なお話でした。ミナコが坂口先生から解放されますように…とそればかりを思いながら読みました。大好きな詩でつながっているのに、詩に縛られているような息苦しさを感じます。詩の世界はもっと自由でいいものだと思いたい。
読了日:09月04日 著者:小池 昌代
神様のカルテ神様のカルテ
ホロリ、ホロリと涙がでました。門出の桜、酔った天狗、人の温かさ。安曇さんのように優しくハルさんのようにかわいらしく強くありたいと思います。ハルさんの撮った写真、見てみたいな。
読了日:09月01日 著者:夏川 草介

読書メーター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。