スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月に読んだ本

2011/04/29 11:56
昨日の小塚くんは良かったな~。銀メダルおめでとう。
高橋くんは不運でした。
ビスがとれるなんてありえるんだ…。
あわてず(気持ちはあせっていただろうけど)ビス留めする姿がF1のピットのよう。
さすがチーム高橋!
織田くんは何回やればわかるのか、言葉もないわぁ。
今日は女子。楽しみだ~。


少し見ないうちに読書メーターがいろいろ変わっている…。
3月はいろいろ大変でしたね。
読書で現実逃避です。


3月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1517ページ

臨場臨場
なんか急に硬派な話が読みたいなぁと思って久しぶりの横山さん。これこそプロだと思えるような倉石検視官の仕事っぷりにほれぼれします。普段はぶっきらぼうだけれど時々人としての優しさが見える倉石さん。「校長」と慕われるのもわかるような気がします。とても面白かったです。
読了日:03月31日 著者:横山 秀夫
木洩れ日に泳ぐ魚木洩れ日に泳ぐ魚
舞台はアパートの一室。まるでお芝居をみているようで恩田さんお得意の設定だなぁと思いながら読みました。すべては二人の想像でしかなくご都合主義的なところはあるけれど、話の展開で少しずつ変わっていく二人の心境、心理描写はお見事です。舞台で見たい!
読了日:03月25日 著者:恩田 陸
ロスト・トレインロスト・トレイン
とても穏やかな印象のファンタジー。まぼろしの廃線にひかれて、何がおこるのかわくわくして読みました。平間さんはなぜ行ってしまったのでしょう。そんなに現実に失望していたのか、軽い気持ちの現実逃避だったのか。自分の本当の居場所なんて、きっと誰にもわからない。だからその居場所を探して現実を生きるのです。
読了日:03月19日 著者:中村 弦
おさがしの本はおさがしの本は
図書館のレファレンスカウンターのお話。題名から受けたイメージと違って、最後まで堅苦しくなじめませんでした。最後の演説にいたっては、どこが胸をうつのかわからない。興味深い題材だけにとても残念です。
読了日:03月10日 著者:門井 慶喜
遥かなる水の音遥かなる水の音
亡くなった周の遺灰をサハラ砂漠にまくために、フランスからモロッコを旅する物語。村山さんの海外が舞台の作品は、その国に行ったことがなくても情景が浮かびます。風もにおいも音も五感に届くよう。苦手な要素もあったけれどあっという間に物語に引き込まれました。周は静かに眠れたかな。そして残された人たちの明日も希望がありますように。
読了日:03月05日 著者:村山 由佳

読書メーター


スポンサーサイト
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。